ダイ・ハードな日本の政治 [政治]

民主党政権になってから、3人目の首相となった野田総理。

日本の古い政治を改革するために、政権交代したはずなのだが、どういうわけか民主党政権の目指す方向はかつての自民党と同じになってしまっている。

エコノミスト10月22日号では、日本の政治はどうして古い体質から抜け出すことが出来ないのか、日本の政治の問題点は何かなどについて、古い体質のままの政治を続ける不思議な国、日本について鋭く迫ります。

この記事のタイトルはOld habits die hardとなっています。old habits(古い習慣)とは日本の旧態依然とした政治体質を意味しているようです。その古い習慣がダイ・ハードであると言っています。

ダイ・ハードと言えば、ブルース・ウイルス主演のアクション映画を思い浮かべる人が多いことでしょう。このdie hard, もともとは、「(粘り強く耐えて)なかなか死なない」という意味なのですが、現在では「(慣習・考え方などが)なかなかなくならない」という意味で使われる方が多いようです。

Old habits die hard「古くからの習慣はなかなかなくならない」は決まり文句として覚えておくとよいでしょう。


ダイ・ハード4.0 [DVD]

ダイ・ハード4.0 [DVD]

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: DVD



Old habits die hard.jpg

上の写真は、エコノミストの記事に載っていたものです。中年の男性が芸者と思われる女性から、タバコの火を差し出されている様子がうかがえますが、この男性、芸者遊びでもしているのでしょうか。それとも普通の飲み屋なのでしょうか。少し気になるところです。

記事内容


この記事の冒頭では、日本は外国から見ると、喫煙天国だと書かれていますが、別にたばこの害について書いているわけではありません。この喫煙という習慣、やめようと思ってもなかなかやめられないようですが、実はこのなかなかやめられない喫煙、政権が代わっても日本の政治体制は古いままで、なかなか変わらないことと同じだとこの記事では見ているようです。

日本はどうして喫煙天国かというと、まず第1にたばこ1箱の値段が安く、欧米のたばこに比べて約半額であること、そして第2に喫煙は日本ではいまだに社会的に大目に見られているからだというのです。

最近総理大臣になったあのドジョウ総理、野田佳彦首相は何と、1日に2箱もたばこを吸うヘビースモーカーだとも書かれています。

実は、今回のエコノミストの記事は、この野田新総理の政治姿勢について書かれているのです。

「野田新総理は自民党の古い政治を見習っている」


iron triangle of politics, bureaucracy and business 「政・官・業の支配体制」の解体を約束して政権与党となった民主党だが、野田総理はこのiron triangleの関係改善を勧めているようだ。まさに古い自民党時代の政治に逆戻りしていると取られてもおかしくはない。

経団連は、野田総理にTPP(環太平洋戦略的連携協定)の交渉に参加するようにと働きかけている。そして野田総理は、民主党内の反対を押し切って、増税路線を進めていくことで、財務官僚を喜ばせている。

これでは、「政・官・財」の三角の支配体制(iron triangle)を強化するようなもので、まさに自民党政治そのものだ。

だからといって、すべてが野田総理の責任ではないのだ。

At the root of many of Japan’s difficulties lies a convoluted political system. The country has what is known as a “twisted diet”, where no party has full control of either house of parliament, and opposition parties in the upper chamber can easily produce gridlock. The voting system for both houses gives disproportionate weight to rural interests, which further entrenches the status quo.

「日本が直面している和夫多くの困難な問題の根底には、複雑な政治体制があるのだ。日本の国会は今、「ねじれ国会」と呼ばれる状態になっており、衆議院、参議院の両方を完全のコントロールできる政党がいないのだ。そのため、参議院では野党が簡単に国会をこう着状態にすることが出来る。両院の選挙制度は、地方の利益を過度に重要視しているために、現状維持を一層強固なものにしている。」

こうした政治的な背景があるために、野田首相は法案可決を確実なものにするためには、野党とは対決ではなくて、協力していかなければならないのである。

結局は、iron triangle「政・官・業の支配体制」は再び強化されて、様々な制度改革に向けた試みは実現が難しくなり、やがては煙と化して、消えてしまうことになるだろう。」



「英文記事」

After the tsunami

Old habits die hard

The new prime minister takes a leaf out of the LDP’s book

Oct 22nd 2011 | TOKYO | from the print edition

TO A smoker from Europe or America, Japan is a puffer’s paradise. A pack of cigarettes in Tokyo, despite a hefty tax increase last year, still costs about half what it would in London or New York. Smoke billows out of bars. There is little social stigma. Yoshihiko Noda, the prime minister, is a two-pack-a-day man. The state, despite signing an international anti-smoking convention in 2004, still owns 50% of the world’s third-largest cigarette company, Japan Tobacco.

What is more, in Japan’s parliament smokers, and the elderly tobacco farmers who support their vices, are treated with the care and respect normally reserved for royalty. Why? Because on October 20th parliament opened for a special 51-day session in which Mr Noda will attempt to achieve the main priority of his seven-week-old administration: ratification of a 12 trillion yen ($156 billion) supplementary budget, mostly to pay for reconstruction of the Tohoku region shattered in March by the tsunami. In order to achieve that, Mr Noda, whose party has a majority in the lower house but not in the upper one, must – in his words—“listen humbly” to the opposition parties, especially the Liberal Democratic Party (LDP), which lost power after half a century in 2009. That, in turn, may mean surrendering to the special interests that support the LDP, such as 10,800 tobacco farmers—even though one in five of them is over 70 years old, and 4,100 of them say this may be their final year in the tobacco business.

As a result of all this, the rest of society will probably have to pay more income tax. Mr Noda’s ruling Democratic Party of Japan (DPJ) had recently proposed slapping another two yen tax on cigarettes and selling down the government’s stake in Japan Tobacco, which many people saw as a sensible way for a debt-strapped government to help pay the huge costs of post-tsunami reconstruction. But the plan is in danger of being thwarted by the LDP and its puffing pals.

Mr Noda is also mending fences with the LDP’s old mates in the big-business lobby, Keidanren, and the bureaucracy. Since the DPJ came to power promising to dismantle the “iron triangle” of government, business and bureaucrats that helped keep the LDP in power for so long, businessmen and bureaucrats have behaved with increasingly shrill vexation at the way they have been treated, and at threats to decrease their influence.

Now, sensing a new dawn, Keidanren is clearly relieved, and attempting to shepherd Mr Noda’s government toward talks about joining the pro-American free-trade Trans-Pacific Partnership (TPP) by the time of the APEC summit in Honolulu on November 12th-13th.

As for the bureaucrats, Mr Noda has gladdened hearts within the finance ministry by pushing for higher taxes, overriding objections within his own party. Meanwhile, in the ministry of economy and trade, there is palpable relief that Mr Noda appears to have softened his predecessor’s hostile stance toward the nuclear industry after the Fukushima disaster that followed the tsunami in March.

All of which suggests that Mr Noda is slipping back into some of the old ways of the party he opposes, the LDP. As one political scientist laments: “When Mr Noda came to power, the significance of the change of government in 2009 came to an end.”

It’s not all Mr Noda’s fault though. At the root of many of Japan’s difficulties lies a convoluted political system. The country has what is known as a “twisted diet”, where no party has full control of either house of parliament, and opposition parties in the upper chamber can easily produce gridlock. The voting system for both houses gives disproportionate weight to rural interests, which further entrenches the status quo.

To assure the passage of laws, even self-evidently vital ones such as the reconstruction budget, Mr Noda has little choice but to seek support from the opposition, rather than confronting it, even if the LDP continues to move the goalposts. And so, even if bills are eventually passed, the “iron triangle” is reinforced, and any attempts to reform the system become harder. Or go up in smoke.
(Econmist 2011/10/22nd)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。